牡丹餅

別に自分のものにしたかった訳じゃないけど。
いつのまにか手の中にあった。

そう、それは、
縁日で何となくクジ引きを引いて、
ハズレではないが五等のヨーヨーをもらった時みたいな。
あるいは店でうどんを頼んで
温かいのが出てくるはずだと踏んでいたら
外の気温が高い日だったから冷やしうどんが出てきた時みたいな。

そんな感じ。


「って言ったらわかるかな?」
「わからない」


別に文句は言わないのだ。
くじはハズレではなかった訳だし。
うどんを注文する時「温かいのを」と言わなかったのはあたしだし。


「・・・不満って事か」
「いや、そんなんじゃなくて」


なんて言おう。何て言えば伝わるだろう。
っていうか何で、あたしは伝えようとしているんだろう?


「そんなんじゃなくて」


ヨーヨーは遊ぶと意外に楽しかったし。
冷やしうどんはおいしかったし。


元々ね、返してほしいと思って投げた愛情とかじゃないんだ。

だから、損して当たり前というか、
無視して当たり前みたいな。

でも手に入ったから。



「あっ!!棚からボタモチだ!」
「・・・・・・は?」
「棚からねーわりと小さめのボタモチが落ちてきたって事だ!」
「・・・・・・・本当に訳がわからない」


別に自分のものにしたかった訳じゃないけど、
いつのまにか手の中にあった。
ヨーヨーは遊ぶと意外に面白かったし。
冷やしうどんはおいしかったし。


意外に幸運だ。あたし。



「・・・とりあえず、麻衣」
「何?」
「ボタモチとは何だ?」
「え」
「僕に似てるのか?」
「いや、え、えー・・・・・?」








ちなみに。
ボタモチ(牡丹餅)はおはぎの別名です。



fin





わけわかんないよ自分っ!!
えと、つまりあれです。
片思いが両思いになるとは思ってなかったよ編です。
どこがっ!?(聞くな)